鉄路廃線レポート オホーツクドットコム

鉄路廃線レポート

湧網線のあゆみ
昭和7年工事着手 湧網線 東線L=31km(網走〜常呂)、西線L=23km(中湧別〜佐呂間)
昭和10年営業開始 東線(網走〜卯原内)、11年常呂迄、27年常呂〜佐呂間開通
営業開始 西線(中湧別〜計呂地)、11年佐呂間迄
昭和28年湧網線東、西線併合。湧網線と改称
網走、二見ケ岡、卯原内、北見平和、能取、常呂、北見共立、北見豊丘、浜佐呂間、仁倉、知来
佐呂間、床丹、計呂地、芭露、中湧別。
昭和31年レールバス(10,000形式)、35年・機関車運行(9,600形式)、36年・客貨車分離
昭和62年3月19日廃止
昭和62年4月1日JR(北海道旅客鉄道株式会社)発足
湧網線 卯原内 網走市卯原内
卯原内にある交通公園。蒸気機関車が置いてあり、駅舎は改装され今では喫茶店が営業中。線路は剥がされサイクリングロード(網走〜常呂)になっています。
湧網線 計呂地 湧別町計呂地
計呂地にある交通公園。蒸気機関車が置いてあり、客車は宿泊施設になっています。駅舎の隣にはシャワーが完備。宿泊料大人300円。
湧網線 中湧別 湧別町中湧別保線区
ラッセル車や客車が置いてあります。周辺には道の駅に併設された温泉施設もあります。
 碑誌より
中湧別保線区は名寄線下湧別遠軽間、湧網線中湧別常呂間、石北線白滝金華間の鉄道線路。諸施設駅舎並び付属建物保安林等の管理維持改修に当たり大正5年開設。以来地域経済文化の発展に寄与する所大であったがその所属定員常時二百数十名。この地域に愛着を生じ永住する者尠からずおって国鉄路線の廃止に伴い慈に建碑してその業績を記念する。昭和32年〜36年中湧別保線区長在住北島保建之建碑に当たり同僚の協力を多とする。平成4年6月 中湧別保線区OB一同
オホーツクドットコム 風景写真集 来運の水 知床カムイワッカ湯の滝レポート 仕事がてらの温泉療養 強酸性の硫黄泉「川湯温泉」 知床四季のフォトエッセイ オホーツクメール
旅行の服装について・今日の風景 北海道観光名所 流氷ビューポイント 飲食店・グルメガイド 知床・屈斜路・阿寒オンネトー露天風呂 オホーツクの四季 阿寒オンネトーの四季 摩周・屈斜路サイト
(C) Copyright 2000-2013 ohotuku.com .All rights reserved.
撮影、制作、著作、運営管理 オホーツクドットコム