世界自然遺産知床 知床八景 オホーツクドットコム

世界自然遺産知床 知床八景

知床五湖 知床五湖
 知床五湖とは、その名のとうり五つある湖。五湖より先は道もなく 冬期間は雪に閉ざされ見ることができませんが、知床連山を背景に 春から秋へと季節の変わりゆく自然美はいつも人々の心を魅了してやみません。
 五湖全てを巡るには約1時間程かかります。
フレペの滝 フレペの滝
 フレペとは、アイヌ語で「赤い水」の意味。断崖からふき出ている水は羅臼岳からの伏流水で、その様子が人の涙にも似ていることから、別名「乙女の涙」とも呼ばれ親しまれています。
 知床自然センターから歩いて約20分のところです。
知床峠 知床峠
 ウトロと羅臼を結ぶ知床横断道路のほぼ中間に位置する 標高738mの知床峠。峠からは 目の前にそびえる標高1661mの羅臼岳が望め、その向こうには知床連山、そしてオホーツク海に浮かぶ国後島が見渡せます。
通行期間:4月下旬〜10月末
羅臼岳
羅臼岳
オシンコシンの滝 オシンコシンの滝
 オシンコシンとは、アイヌ語でオシュンク・ウシ(そこにエジマツの群生するところ)が名前の由来。落差80mある滝は二つに別れ 別名「双美の滝」とも言われ「日本の滝百選」の一つに数えられています。また 滝の上を通る旧道からの眺めも絶景です。
オロンコ岩 オロンコ岩
 オロンコ岩は高さ約60m、ウトロの町並や知床連山等が広く見渡すことができます。名前の由来は昔この岩にオロッコ族が住んでいたことからその名前がつけられました。
 また 6月〜7月にかけ花が咲き 一面お花畑になります。
エゾカンゾウ
エゾカンゾウ
プユニ岬 プユニ岬
 プユニ岬は、アイヌ語で「穴ある所」の意味。今は崩れてしまって穴はありませんが ここから眺めるウトロ港やオホーツク海は絶景であり、時間によってオホーツク海の輝きが移り変わります。又、冬の流氷を見る場所としても最適です。
カムイワッカ湯の滝 カムイワッカ湯の滝
 カムイワッカは、アイヌ語で「神(魔)の水」。硫黄山から湧き出した温泉が、途中水と混じり、ちょうどよい湯加減となってカムイワッカ川に流れ込み滝壺となっています。沢を登り約20分のところに温度の違う湯壺が点在します。

カムイワッカ湯の滝レポート

夕陽台 夕陽台
 ウトロ市街地のキャンプ場内にある展望台。ここの展望台からはウトロ港やオロンコ岩が望めオホーツク海に映る夕陽は最高のポイント。

網走市紋別市斜里町ウトロ知床八景
清里町津別町常呂町弟子屈町釧路市阿寒町
観光ガイド

(C) Copyright 2000-2013 ohotuku.com .All rights reserved.
撮影、制作、著作、運営管理 オホーツクドットコム