オホーツクメール オホーツクドットコム
オホーツク産麦を使用したサッポロビール

オホーツク産麦を使用したサッポロビール

オホーツク産麦を使用したサッポロビール [2012/6/28]
エゾシカ肉フランスへ輸出 [2012/6/27]
オホーツク海は海洋牧場!泳ぐホタテ? [2012/6/27]
神の子池はスカイブルー [2012/6/26]
回転寿しトリトン 東京スカイツリー店オープン [2012/6/26]
でかすぎる紋別産毛蟹 [2012/6/25]
初めての帯広、釧路間走破! [2012/6/17]
ミシュランガイド北海道 手に入れたぞ〜 [2012/6/13]
なまら臭すぎる「行者にんにく」超北海道なまらジンギスカン? [2012/6/8]
なまら辛すぎる「山わさび」 [2012/6/4]
ミシュランガイド北海道2012 ブリジストンガイド? [2012/6/2]
オホーツク産アスパラガス食べ放題&無料? [2012/5/27]
熊に遭ったら覚悟のナキウサギ捜索作戦 [2012/5/23]
ミツバチに刺されない香り漂う芝桜公園 [2012/5/17]
広大なチューリップ公園 オランダには負けねーぞ! [2012/5/16]
壮大な屈斜路湖 クッシーはいずこへ? [2012/5/11]
初めての流氷 なまら広いべや〜 [2012/5/10]
 数年ほど前からサッポロビール社は 北見、網走、小清水、斜里産の麦を使い 北海道限定発売のビールを作っている。やるじゃないかサッポロビール。いいぞサッポロビール。地産地消サッポロビール。けど やれるなら早くやってヨ〜。北海道の会社なんだからさ〜。どうだ参ったか他のビール会社。てへへんだ(^^)/。ちなみにサッポロビールさんにお聞きします。ホップはどこで作っているの。やっぱりホップは輸入物?まっ私の小言なのです。調べてないので分かりませんが・・・。我町北見市の道路を走っていると 麦畑にサッポロビール社と農家さんが一緒に映った大きな看板に「サッポロビールの麦は私たちが作っています」と書いてあるのを良く見ます。といっても 旅行者の方には目につかないかもしれません。私、地方へ行く際 道道や農道を通るので目にするのです。観光道路の国道では さすがに他の農産物が多いので・・・。これをPRするのにいい方法があります。道の駅の網走、知床斜里にこの大きな看板を設置させてもらってはいかがでしょう?これで本州の旅行者に大々的にPRできるのでは?金かかるかな?居酒屋さんお寿司屋さんには ポスター貼ってあるからいいか?どうだ参ったか。いいだろう本州の人たち。我ら北海道民は地産のビールが飲めるんだぞ〜。まっ冗談はさておき 北海道では総自給率160%とか200%とか?ちょっと数字を覚えてないのでゴメンナサイ・・・。せめて農産物だけでも本州と合わせて自給率100%以上にしたいもんですね〜。北海道の十勝では台湾へ長いもの輸出が好調のようで。農産物以外にも 秋鮭やホタテの中国への輸出が増えたりしているそうです。東北の震災後どのようになったか分かりませんが・・・。玉ネギといえば我町北見市だべさ。お世話になっているしょ!全国の皆さん。北見産の玉ネギ!越冬用だけどもっと食べてね。北海道は今年から 麦の作付け面積を大幅に拡大したそうです。輸入物に負けないぐらいのいい品質の麦の開発に成功し 国内で使用されるうどんやパン、パスタ等への原材料として増やすそうです。うどん屋さんやパン屋さん。その他もろもろ屋さん・・・。今年の北海道産の小麦をじゃんじゃん使って 自給率アップに繋げて下さいね。宜しくお願いしますよ。(ちなみに 開発したのは北見農業試験所だそうです。)そういえば北海道産米は もう問題はないかな?私も道産米は昔から食べています。けど俺だけ食ってもだめか?道民皆さん。全国の皆さん。道産米を100%消費しましょうね。あとは大豆だな〜。これが自給率低い。頼むぞ十勝!我ら山間部の多い北見では玉ネギが手一杯で手に負えんのじゃ!君達のようなだだっ広い土地が無いのじゃ!よっしゃ〜頼むぜ、任せたぞ、十勝〜〜〜。後はジンギスカンだな!?サッポロビールから話がそれた。 以上
バックナンバー
2004年
2003年
2002年

トップページ
オホーツクドットコム 風景写真集 来運の水 知床カムイワッカ湯の滝レポート 北海道四季の食材 強酸性の硫黄泉「川湯温泉」 知床四季のフォトエッセイ オホーツクメール
旅行の服装について・今日の風景 北海道観光名所 流氷ビューポイント 飲食店・グルメガイド 知床・屈斜路・阿寒オンネトー露天風呂 オホーツクの四季 阿寒オンネトーの四季 摩周・屈斜路サイト
(C) Copyright 2002-20012 www.ohotuku.com/ml .All rights reserved.
「オホーツクメール」著作 オホーツクドットコム
制作、著作、運営管理 オホーツクメール